銀座出張でのプチ贅沢は、出張マッサージ

ここ数年、2~3ヶ月に1度ほどの割合で、東京の本社に出張に行くようになりました。出張では、仕事が終わった後の付き合いもあるし、1日中勤務時間が続くような緊張感もあります。そんな疲れをほぐすために、最近では、東京出張の際には、ホテルに戻ってから出張マッサージを頼むのが習慣になっています。
東京での出張マッサージは、いつも同じマッサージ店にお願いしています。都内ではリーズナブルな料金の人気店ですが、それでも出張費と施術費を合わせると約1万円になるので、少しでも料金を抑えるために、ホテルを予約する際は出張料が無料のエリアを選ぶようにしています。
私がお願いするのは、凝りをほぐすのがメインのベーシックなコースです。出張マッサージでは事前にカウンセリングがあり、疲れている部位や体調に合わせてマッサージしてもらえます。私は力加減弱めのマッサージの方が好きで、90分ほどよい力でもみほぐしてもらうと、寝つきがよくなり、眠りも深くなります。プチ贅沢で気分もちょっぴり高揚するので、出張マッサージは東京出張の際の楽しみにもなっています。

東京の銀座に行ってみて私が感じたこと

これまでに東京には何度か行った事があつのですが、その中でも特に私が特別に感じたところがありました。
それはどこかというと、銀座の街でした。

では、どうして東京の中でも特に銀座が特別に感じたのかというと、それは銀座の街全体が
お金持ちが行く街であると感じたからでした。なので、私みたいな庶民が銀座の街に行くとすごく
浮いているような感じがしました。

それは銀座の街自体がお金持ちの街という感じがするのは当然として、銀座に来ている人も
すごくお金を持っていそうな品が良さそうな人が多いように思いました。

もちろん、銀座に来ていた人のすべてがそうではありませんでした。
ですが、銀座に来ていた人のほとんどがそういう人だと思いました。

なので、今後東京に行く機会があっても私はなかなか銀座には足は向かないと思います。
それはやはり私みたいな人間が銀座に行くのは場違いだと思うからです。

なので、今後はよほどの用事がない限り私一人で東京の銀座に行く事もないと思います。
それは決して銀座の街が嫌というわけでなく、私程度の人間がそうそう銀座に行くものではないと思ったからです。

ですから、よほどの事がない限り今後私一人で銀座に行かないと思います。

ホームに戻る